メールの本文中に画像を表示するための基本的な操作

Mail-High(メルハイ)で配信するメールの本文中に画像を表示するには、HTMLメールを制作する必要がある他に、表示する画像を、予めインターネットに公開されたウェブサーバー上にアップロードしていただく必要があります。

本ページでは、メール本文中に画像を表示するために必要な操作について、基本的な事項をご紹介します。

HTMLメール制作の基本的な事項につきましては、合わせて『Mail-HighでのHTMLメール制作の基本』ページもご参照下さい。

(1)HTMLメールで使うウェブサーバを用意する

Mail-High(メルハイ)で配信するHTMLメール内に画像表示するためには、表示する画像を、予めインターネットに公開されたウェブサーバー上にアップロードしていただく必要があります。

画像をアップロードするウェブサーバーは、お客様がホームページを運営されているウェブサーバーの一部をご利用いただくことも可能ですし、メルハイのオプションサービスとして、画像格納用のウェブサーバーをご提供することも可能です。

お客様の会社のウェブマスター(ホームページ管理者)の方にご相談いただき、ウェブサーバーの一部をHTMLメール用の画像格納に使用できるかを、ご確認下さい。セキュリティなどの観点から、利用が難しい場合には、メルハイでご提供する、画像格納用ウェブサーバーのご利用をご検討下さい。

(2)ウェブサーバーへ画像ファイルをアップロードする

ウェブサーバーへ画像をアップロードするためには、一般的にFTP(エフ・ティー・ピー)と呼ばれる方式で、ウェブサーバーへアクセスする必要があります。 多くの場合、FTP方式でウェブサーバーにアクセスする際には、サーバー管理者から提供される以下の3つの情報が必要となります。

  • FTPホスト名
  • ログインID(アカウント名・ユーザー名などと呼ばれることもあります)
  • ログインパスワード

以下に、Internet Explorer を利用したFTP通信の例をご紹介します。

アドレスバーに、『ftp://(ホスト名)』と入力してください。

ユーザー名(ログインID)とパスワードの入力を求める画面が立ち上がってきますので、所定の情報を入力して『ログオン』を選択してください。

ウェブサーバーに正常に接続されると、サーバー内の状況がブラウザに表示されます。HTMLメールに使用する画像ファイルを、ドラッグ&ドロップしてアップロードしてください。

画像のウェブサーバーへのアップロードが完了すると、ブラウザ(Internet Explorer や FireFox など)にアップロードされた画像のURLを入力することで、閲覧することができるようになります。

●ウェブサーバへの画像アップロードと、その確認例

例えば、『mail-high.net』 と設定されたウェブサーバーに、『abcd.jpg』 という画像ファイルをアップロードした場合には、『http://mail-high.net/abcd.jpg』とブラウザのアドレスバーに入力することで、アップロードした画像ファイルが確認できます。

『mail-high.net』 と設定されたウェブサーバーに、『images』というフォルダを作成し、その中に『abcd.jpg』という画像ファイルをアップロードした場合には、『http://www.mail-high.net/images/abcd.jpg』と入力することで、アップロードした画像ファイルが確認できます。

(3)画像を表示するための記述方法

ウェブサーバーへ画像データのアップロードが完了し、ブラウザからの確認ができたら、次はHTMLメール本文内に、画像を表示するための記述を行います。


Mail-High(メルハイ)では、メール本文内に画像を表示するために、以下の記述を行う必要があります。


<img src="http://(画像を表示するためのURL)">


●実際に画像を表示するための入力例


(2)ウェブサーバーへ画像ファイルをアップロードする』でご紹介した、『http://www.mail-high.net/images/abcd.jpg』 とブラウザに入力すると表示が確認できる画像を、メール本文中に表示するためには、


<img src="http://www.mail-high.net/images/abcd.jpg">


とメルハイのHTML本文入力欄に記述します。

このページの一番最初へ戻る