クリックスルートラッキングに対応したHTMLメールの簡単な作成方法

Mail-High(メルハイ)のクリックスルートラッキング機能を使ったメール配信を行っていただく場合、HTML形式のメールを作成・配信していただくことを、強くお勧めしております

ここでは、テキスト形式で作成したメール配信原稿を、Mail-High(メルハイ)のHTMLエディタ機能を使って、簡単にHTML原稿に変換するための方法をご紹介いたします。
また、補足として、クリックスルートラッキング機能の概略についてもご紹介します。

クリックスルートラッキング機能の特徴

Mail-High(メルハイ)がご提供する、クリックスルートラッキング機能の特徴を、まず最初にご紹介します。

クリックスルートラッキング機能とは、配信されたメールの本文中に記載されたURLが、受信者に何回クリックされたのかを、カウントするための機能です。

本文中のURLクリック数をカウントすることで、メール配信が、ホームページへの集客へどのくらい寄与しているのかを測定することができます。

クリックスルートラッキング機能


メール配信された本文中のURLクリック数をカウントするために、Mail-High(メルハイ)では、クリックスルートラッキング機能を使用してメール配信された場合、メール本文中に記載されたURLを、自動変換します。

そのため、テキスト形式でクリックスルートラッキング機能を利用してメール配信を行った場合、本文中に表記されるURLが自動的に置き換わることになります。

一方、HTML形式でクリックスルートラッキング機能を利用してメール配信した場合には、URLをクリックした際のリンク先は、自動変換されたURLになりますが、メール本文上の表記に変更は発生しません。

従って、Mail-Highで、クリックスルートラッキング機能を使用したメール配信を行う場合には、「HTML形式」のメールを配信されることを、お勧めします。

⇒ 『テキスト形式』+『クリックスルートラッキング』→『表示されるURLが変換されます』

⇒ 『HTML形式』+『クリックスルートラッキング』→『表示されるURLは変換されません』

HTMLエディタの準備を行います

まず最初に、HTMLエディタ機能を使用するための準備を行います。
Mail-High(メルハイ)では、テンプレート機能の中で、HTMLエディタ機能をご用意しておりますので、テンプレート機能を使用できるように準備します。

「メールの作成」から「テンプレートの新規作成」を選択し、適当な名称とつけて保存してください。テンプレートの詳細設定作業を行う必要はありません。

なお、以降の作業を実施いただくに当たりまして、事前にテキスト形式でのメール配信原稿を用意しておいて下さい。

HTMLメールエディタ機能を使った、HTMLメール原稿の作成

Mail-High(メルハイ)メインメニューから、「メールの作成」へアクセスし、先ほど作成したテンプレートを選択して、HTMLエディタを使ったメール作成画面を表示します。

HTMLエディタ付きのメール配信原稿作成画面が表示されたら、まず最初に本文欄に表示されている、テンプレートの設定を全て消去します。

本文欄にカーソルを合わせてから、キーボードで「Ctrl + A」(コントロールキーとAキーを同時にプッシュ)を選択してください。本文欄に入力されている内容が全て選択された状態となりますので、「Backspace」または「Delete」キーで、選択された内容を全て消去してください。

HTMLエディタに登録されているテンプレートの内容を全て消去します

以上で、テンプレートの内容が全て消去されました。

次に、テンプレート情報が消去された本文欄に、予め作成したテキスト原稿を、全て「コピー&ペースト」してください。
本文欄にペースト(貼り付け)されたメール配信原稿のうち、URL及びメールアドレスの部分に、自動的にリンクが設定されていることを確認してください(文字色が変わり、下線が引かれます)。

HTMLエディタにテキスト原稿をペースト(貼り付け)します

本文中のURL及びメールアドレスに、リンク設定したくない部分がある際には、その箇所を選択の上、[リンク解除[ボタンを選択してください。リンクが解除されます(通常の文字色となり、下線表示も消えます)。

必要のない箇所のリンクを解除します

本文中のURLにリンクが設定されていることが確認できたら、[HTML]ボタンを選択し、HTMLソースコードを表示します。ここで表示されたHTMLソースコードが、HTMLメールの原稿となります。

HTMLメール原稿の表示・確認

全てのHTMLソースコードをコピーし、メモ帳などのテキストエディタにペースト(貼り付け)して保存してください。

以上で、HTMLメール原稿の作成が完了となります。

マルチパートメール機能使ってメール配信を行います

Mail-High(メルハイ)HTMLエディタ機能を使って作成した、HTML原稿を使用して、メール配信を行います。

メインメニューから「メールの選択」を選択し、メールの作成画面へ進んで下さい。メールの配信形式は「マルチパート」を選択してください。

メール作成画面内の、配信オプション欄「URLクリックスルートラッキング」にチェックをつけてください(本欄にチェックをつけないと、クリックスルートラッキング機能は有効となりません)。

URLクリックスルートラッキングを選択します

内容(HTML)欄には、HTMLエディタ機能を使って作成した、HTML原稿をペースト(貼り付け)します。内容(テキスト)欄には、予め作成したテキスト原稿をペースト(貼り付け)してします。

マルチパートメールのHTML原稿入力欄とテキスト原稿入力欄

内容(HTML)欄にHTML原稿をペースト(貼り付け)する際には、HTML原稿の前後に、<html> 及び </html>と必ず記載して下さい(<html> と </html>の間に、HTML原稿が挟まれる形になります)。

HTML原稿欄には、必ず、<html> 及び </html>と記載してください


ここまでの作業で、メールの配信準備は完了となります。「HTMLプレビューを表示」ボタンを選択すると、HTMLメールの表示内容を確認することができますので、内容に問題がないことを確認してください。

また、ユーザーへのメール配信の前に、ご自身宛にテスト配信を実施し、HTML形式でメール受信した際のURLの表示状況や、クリックスルートラッキング機能の動作を確認を行ってください。


以上、HTMLエディタを使った、クリックスルートラッキング機能に対応したHTMLメール原稿作成と配信方法のご案内となります。
このページの一番最初へ戻る