メーリングリストに登録されている全データの入れ替え方法

Mail-High(メルハイ)のメーリングリストに登録されている全配信先データを入れ替える方法をご案内します。

メール配信先の最新情報を手元で管理されている場合や、配信先情報のメンテナンスを手元で実施されている場合など、メール配信の都度、宛先データをお手元で管理されている情報に全て登録し直してメール配信する必要がある場合などにご活用下さい。

メーリングリストのデータ入れ替える主な手順は、「メーリングリストの初期化」→「メーリングリストのインポート(一括登録)」となります。

メーリングリストの初期化

Mail-High(メルハイ)のメーリングリストに登録されている全データを入れ替えるには、まず最初にメーリングリストに登録されている全情報を消去します。メーリングリストに登録されている情報を削除するには、「メーリングリストの初期化」を行います。

登録されているデータを置き換える、メーリングリストの詳細ページにアクセスをして、「メーリングリストの初期化」を選択してください。
登録内容を入れ替えるメーリングリストを初期化します

確認画面が表示されますので、初期化するメーリングリストに間違いがなければ「初期化する」を選択してください。
メーリングリストが初期化され、当該メーリングリストに登録されている全配信先情報(メールアドレス・差込用情報など)が消去されます。
参考情報:メーリングリストの初期化と削除の違い

メーリングリストに登録されている宛先情報を削除するための方法には「メーリングリストの初期化」の他に「メーリングリストの削除」という方法もございます。
「メーリングリストの初期化」が、メーリングリストに登録されている宛先情報のみ削除するのに比べ、「メーリングリストの削除」では、宛先情報だけでなく、当該メーリングリストで登録されている「リジェクトメーリングリストの一覧」や、メーリングリスト自体の存在も削除してしまいます。

どちらの方法でもメーリングリストの登録内容は削除できますが、「メーリングリストの初期化」では、メーリングリストの削除は行わないため、少しスムーズな作業を行っていただけます。
なお、外部フォーム機能をお使いの際には、外部フォームからの情報登録先となっている「メーリングリストの削除」には十分ご注意下さい。外部フォームをそのまま利用するには、メーリングリストの削除後すぐに、全くの同一名称で、メーリングリストを作成下さい。

新しい配信先情報のインポート(一括登録)

次に、Mail-High(メルハイ)のインポート機能(一括登録)を使い、新しい配信先情報をMail-Highに登録します。
Mail-Highのインポート機能をご利用いただくには、配信先情報をCSV形式(カンマ区切り形式)または、タブ区切り形式のファイルに編集していただく必要があります。

CSV形式のデータインポート方法について詳細は、「CSVデータを用いた配信先の一括登録」のページをご覧下さい。
>>CSVデータを用いた配信先の一括登録
このページの一番最初へ戻る