HTMLメールをテキスト形式で閲覧する

Mail-High(メルハイ)では、画像の表示や文字の装飾ができる便利な、HTMLメールの配信をサポートしています。HTMLメールはたくさんの情報を伝えることができる便利なメールですが、受信者の設定や環境によっては、必ずしも、送信者の意図する形式では表示されないことがあります。

ここでは、受信者が「メールは全てテキスト形式で確認する」という設定をしていた場合に、Mail-High(メルハイ)から配信されるHTMLメールがどのように表示されるかを確認していきます。

「全てのメールをHTML形式で見る」設定について

多くのメールソフトでは、使用者が受信したメールを表示する形式を選択することができます。
HTML形式のメールを、そのままHTML形式で閲覧することもできますが、テキスト形式に変換して表示させることも可能です。
以下の図は、Outlook Express における受信メールの表示方式の設定項目です。

Outlook Express における受信メールの表示方式の設定項目

受信したメールの表示形式をどのように設定するかは、受信者次第です。HTMLメールの受信に抵抗のない方は、HTML形式でメールを受信する設定を選択することが多いでしょう。逆に、本文中に画像が表示されることを好まない等、HTMLメールの受信を好まない人は、テキスト形式で受信メールを表示させる設定にすることが多いと思われます。
または、使用するメーラー(メールソフト)によって、いずれかの形式に表示方式が限定されている場合もあるかもしれません。

画像の表示されるHTMLメールをテキスト形式で表示する

それでは、画像が表示されるHTMLメールを、テキスト形式で表示した場合の表示状況を確認します。

下図は、全く同じHTMLメールを、HTML形式で表示した場合と、テキスト形式で表示した場合の、表示状況です。

画像が表示されるHTMLメールをテキスト形式で表示する

HTML形式で表示した場合には、画像の表示や背景色、文字位置(センター揃え・右寄せなど)の表現が、送信者の意図した状態で表示されています。

一方テキスト形式で表示した場合には、画像の表示をはじめ、背景色、文字位置など、HTMLタグで指定した表示設定内容は全て無視され、テキスト部分だけの表示となっています。
そのため、画像で表現している「謹賀新年」などのメッセージは、テキスト形式で表示した方には、伝えることができません。

HTMLメールをテキスト形式で表示した場合には、HTMLファイルが添付されます。その添付ファイルを開くことで、HTML形式で表示した場合と同じ内容を、確認していただくことができます。

テキスト形式で表示した場合、HTMLファイルが添付されます


このように、多様な表現できる便利なHTMLメールですが、受信者の設定や環境によって、本来伝えるべきメッセージが、伝わらなくなってしまうことがあります。また、送信者が意図した状態を受信者に確認してもらうためには、添付ファイルの開封という、ひと手間が必要になってしまいます。

マルチパート形式で配信されたメールをテキストで表示する

それでは、HTMLメールをテキスト形式で受信する方に対して、画像で表現されている情報も含めて伝えるには、どのような方法があるかを考えてみます。

Mail-High(メルハイ)で配信をサポートしているメール形式は
  • テキスト形式
  • HTML形式
  • マルチパート形式
という3つの形式です。

「マルチパート形式」とは、HTML形式とテキスト形式のメールを同時に配信する方式で、HTMLメールをHTML形式で表示する設定の方には「HTML形式」で、全てのメールをテキスト形式で表示する設定の方には「テキスト形式」で表示することができるメールの形式です。

つまり、マルチパート形式の電子メールでは、HTMLメールでは画像で表現されている内容を、テキストで表現したテキスト形式のメールを、HTMLメールと同時に配信できることになります。

それでは、マルチパート形式で配信されたメールを、HTML形式で表示した場合と、テキスト形式で表示した場合の違いを見比べてみます。

マルチパート形式メールの表示比較

このようにマルチパート形式のメールでは、単純なHTMLメールとは異なり、テキスト形式で表示した際に表示する、テキスト版メールを、設定することができます。
従いまして、マルチパート形式で配信するテキスト版メールでは、HTMLメールでは画像で表現されている内容も、テキストを駆使して表現しておくことがとても重要となります。
Mail-High(メルハイ)でHTMLメールを配信される際には、マルチパート形式のご利用をお勧めいたします。
テキスト版メール原稿作成の手間は生じますが、全ての方が、HTMLメールをHTML形式で表示する訳ではありません。
できるだけ多くの方に、正しい情報を発信するためにも、HTMLメールを補う内容のテキストメールの作成と、マルチパート形式メール配信のご利用をお勧め致します。
このページの一番最初へ戻る