HTMLメールデザインテンプレートを使ったマルチパートメールの配信方法

Mail-High(メルハイ)のHTMLメールデザインテンプレート機能は、HTMLタグの知識がなくとも、簡単にHTMLメールの作成・配信ができる便利な機能です。

HTMLメールデザインテンプレート機能で作成・配信できるメールは、現在HTMLメールのみの対応となっておりますが、ちょっとした操作を行うことで、HTMLデザインテンプレートで作成したHTMLメールを、マルチパート形式のメールとして配信していただくことが可能です。

ここでは、HTMLメールデザインテンプレート機能を使って作成したメールを元に、マルチパート形式のメールを配信する方法をご案内いたします。

HTMLメールデザインテンプレート機能を使いメールを作成します

まず、HTMLメールデザインテンプレート機能を使って、メールの作成を行います。

Mail-High(メルハイ)管理画面より、ご希望のテンプレートとカラーを選択し、HTMLメールの作成画面へ進みます。

HTMLメールデザインテンプレートの選択

 

次に、配信先メーリングリストの選択や配信メールの差出人情報の設定などの作業を行います。

配信先メーリングリストには、今回作成するメールの配信対象となるメーリングリストではなく、自社(自身)のみにメールが配信される配信テスト用のメーリングリストを選択してください。

 

配信先リストの設定●操作上の注意事項
メールの配信対象となるメーリングリストを選択してしまうと、HTMLデザインテンプレートから制作されたメールが、マルチパート形式ではないHTMLメールとして配信されてしまいますので、十分にご注意下さい。

 

 

 

HTMLメール作成画面では、ヘッダーフッターの他、各記事ブロック(カラム)ごとに記事や画像の入力を行い、HTMLメールの作成を進めてください。テキストのカスタマイズ(サイズ・文字色変更)やリンクの設定、画像の設置は、全てHTMLメール作成画面上から行っていただけます。

htmltemp03.gif

 

HTMLメールの作成が完了したら、メールの配信を行ってください。

宛先リストは上記の通り、自社のテスト用リストに設定されています。「即時配信」を選択して、すぐに自社(ご自身)のメールアドレスにてメールを受信してください。

受信したHTMLメールの中身を確認し、HTMLメールデザインテンプレート機能で作成した内容が正常に表現されていることを確認してください。

配信ログからHTMLメール用の原稿データを取得します

HTMLメールの作成・配信と、受信したメールの内容確認が終了した後は、Mail-High(メルハイ)管理画面の配信ログより、マルチパート形式のメール配信を行う際に必要となるHTMLメール原稿の取得を行います。

配信ログ画面にアクセスし、先ほどHTMLメールデザインテンプレート機能を使い作成・テスト配信用リストに配信したメールの配信レポート画面へアクセスします。

"コンテンツ"の部分に「HTMLメールを見る」というボタンが表示されています。このボタンをクリックし配信したメールの内容を表示させてください。

配信ポート画面

新たしいウィンドウが立ち上がり、先ほど配信したHTMLメールの内容が表示されます(※)。ツールバーから「表示」→「ソース」本ページのHTMLソースを表示してください。
※ご利用のブラウザにより操作が異なる場合がありますので、ブラウザにあわせた操作を行ってください(以下も同様となります)

配信レポート画面からHTMLメールの内容を表示します

メモ帳などのテキストエディタが立ち上がり、ソース情報が表示されます。その内容が、マルチパートメール配信で使用する、HTMLメールの原稿データとなりますので、「名前をつけて保存」 により適切な場所にテキストファイルとして保存をしてください。

配信内容のソースを表示・保存します

 

以上で、マルチパートメール配信時に使用する、HTMLメールの原稿情報の取得が完了となります。

マルチパートメールの作成・配信

最後に、マルチパートメールの作成・配信作業を行います。

マルチパートメールを作成・配信する際には、「HTMLメール」と「テキストメール」の2種類の原稿をご用意いただく必要がありますが、このうち「HTMLメール」の原稿が、前の過程で保存したテキストファイルの内容となります。

マルチパートメール作成画面にて、「内容(HTML)」欄に、先ほど保存したテキストファイルの内容を、コピー&ペーストしてください。

マルチパートメールの作成

 

「内容(テキスト)」欄には、別途ご用意いただいたテキストメール原稿を記載していただき、メール配信を完了してください(その他、メール配信に必要な操作につきましては、本項では割愛させていただきます)。

配信されるメールは、HTML形式で閲覧するとHTMLメールデザインテンプレート機能で作成した内容が表示され、テキスト形式で閲覧すると「内容(テキスト)」欄に入力をしたテキスト版の原稿が表示される、マルチパートメール形式となります。

 

以上、HTMLメールデザインテンプレートを使って作成した内容を、マルチパートメールのHTML原稿として活用するための手順のご案内となります。

このページの一番最初へ戻る