CT機能による自動変換対象外となるURLの記述方法

Mail-High(メルハイ)のクリックスルートラッキング機能(Click through tracking:CT機能)は、メールの本文中に記載されたURLがクリックされた回数をカウントするための機能です。

クリック回数をカウントするためには、メールから直接指定したURLにリンクするのではなく、クリック数をカウントするためにMail-Highが用意したURLを経由する必要があります。

そのため、テキスト形式のメール配信でCT機能を利用する場合、本文中に記載されたURLが自動的にクリック数カウント用のURLに変換されることとなります。

クリックスルートラッキング機能のご紹介 

今回ご紹介するのは、テキスト形式のメール配信でCT機能を利用する際にも、差込機能を利用してURLを記述することで、クリックカウント用のURLへの自動変換の対象外とする方法です。メールのフッター(末尾)に自社のURLを記述する際など、変換をさせたくないURLがメール本文中にある場合に、ご活用いただける方法となります。

CT機能と差込機能の組みあわせ時の動作

Mail-High(メルハイ)では、URLの一部が差込機能を使用して構成されていた場合、CT機能の対象外と判定し、CT機能を利用してメール配信された場合でも、そのURLは変換されず入力されたままの状態で配信されます。

具体的には以下のようなURLは、CT機能によるクリック回数カウントの対象外となり、URL変換が行われません。

本文エリアへのURL記入時

http://XXXXX.com/@@XX.html( @@XX の部分は差込部分となります)

従いまして、テキストメールをCT機能を使って配信する場合に、URL変換させたくないURLについては、上記のような形式をとっていただくことで、CT機能対象外URLとすることが可能となります。

CT機能による自動変換対象外とするURLの具体的な利用例

それでは、CT機能と差込配信機能の組み合わせにより、URL変更対象外とするアドレスの記述が、どのような場面でご活用いただけるかをご紹介します。

ctinsert02.gif 

上記のようにメールのフッターに記載するメールフッター(署名)内に記述する自社URL。この自社URLについては、自社のドメインを表すものなので、CT機能を使った場合でも自動変換させたくない(そのまま表示したい)という場合には、本ページでご紹介する、『CT機能+差込機能の組み合わせにより自動変換対象外URLの記述方法』がご活用いただけます。

具体的な記述方法を以下にご紹介します。

自動変換対象外URLとするフッター部分の自社記述方法

=============================
コクヨECプラットフォーム株式会社
ASPサービス事業グループ
国誉 太郎(KOKUYO TARO)
URL: http://www.@@XX.com
※↑"@@XX"を記述し差込機能を使ってURLを構成します
=============================

@@XXの部分には、kokuyo-ec が差し込まれるようにメーリングリスト内の登録情報を作成する必要があります。上記の場合、配信対象となる全てのメーリングリスト内に登録されている全宛先情報の同一テキストフィールド(フィールド番号XX)に予め "kokuyo-ec" と登録しておく必要があります。

(補足)HTMLメールのCT機能での配信

上記のとおり、Mail-High(メルハイ)により『テキストメール』をCT機能をつけて配信した場合には、本文中に記載されているURLが、クリック回数カウント用のURLに自動変換されます。

HTMLメールの場合、CT機能をつけて配信した場合でも、表示上のURLに変更はありません(実際のリンク先URLは、テキストメールにCT機能をつける場合と同様、クリック回数カウント用のURLに変換されます)。

HTMLメールにCT機能をつけてメール配信をした場合には、以下のようにリンク部分のHTMLソースの記述が自動変換されます。

CT機能によるHTMLメールソースの自動変換

HTMLソースの記述内容
<a href="http://www.XXXXX.com">http://www.XXXXX.com</a>

 ↓(CT機能による自動変換)

配信されるメールのHTMLソース
<a href="http://admin.mail-high.com/XXXXX">http://www.XXXXX.com</a>

HTMLソース内のリンク先指定の部分のみ、クリック回数カウント用のURLに自動変換されますが、表示部分は変換されません。

従いまして、HTMLメールにCT機能をつけて配信をする場合には、本ページでご紹介するような『CT機能+差込機能』による自動変換対象外URLの作成を行う必要はございません。

CT機能で本文中の表示上のURLが変換されないHTMLメールを、テンプレート機能を使って作成する方法を別途ご紹介していますので、ご参照下さい。

>>クリックスルートラッキングに対応したHTMLメールの簡単な作成方法

 

以上、CT機能+差込機能』による自動変換対象外URLの作成方法のご紹介となります。

このページの一番最初へ戻る