Shift-JIS以外のページに外部フォームを設置する方法

Mail-Highの外部フォーム機能は、文字コード Shift-JIS に対応した仕様となっています。
そのため、 euc-jp や UTF-8など、Shift-JIS以外の文字コードで作成されたページ上に設置することで、入力された情報の一部に文字化けが発生する場合があります。

外部フォームから登録する情報が、メールアドレスのみの場合など、英数文字及び半角記号文字のみの入力となる場合には、多くの場合文字化けは発生しません。しかし、会社名やお名前などメールアドレス以外の情報を日本語で登録していただく場合には、文字化けが発生してしまいます。

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)をご利用される場合など、システムがShift-JIS以外の文字コードでページを生成する場合があります。

ここでは、 euc-jp や UTF-8などの文字コードで作成されたページに、Mail-Highの外部フォームを設置するための方法を、ご紹介紹介します。

外部フォーム設置の基本構造

Mail-Highの外部フォームは、Shift-JISに対応した仕様となっているため、 euc-jp や UTF-8 など、Shift-JIS以外の文字コードで作成されたページに、そのまま設置すると文字化けが発生してしまい、正常な情報を登録していただくことができない場合があります。

そのため、Shift-JIS以外のページに、外部フォームを設置する場合には<iframe>タグを使用して、外部フォーム設置するページと、外部フォームを表示するページを切り分けて設定することで、文字化けの発生を回避します。

外部フォームの設置イメージは、下図のようになります。
Shift-JIS以外の文字コードで作成されたページへの外部フォームの設置イメージ

外部フォームが実際に設置されるページの作成

まず、外部フォームが実際に設置されるページを、 Shift-JIS 形式のページで作成します。
Shift-JIS 形式で作成する部分は、登録フォームが設置されるページのうち、フォームの部分のみとなります。Mail-High外部フォーム機能でご提供するフォームタグ <form> 〜 <form> にて作成してください(下図参照)。
なお本ページ(外部フォームタグを設置するページ)は、必ず文字コード Shift-JIS 形式で作成してください。

Shift-JISで作成する部分

<iframe>タグの設定方法

Mail-Highの外部フォーム機能でご提供するフォームタグ(<form>)を使い、Shift-JIS形式で作成したページを、Shift-JIS以外の形式で作成されたページ内に読み込むために、<iframe>タグの設定を行います。

ここでは、前段で作成した、外部フォームタグを使いShift-JIS形式で作成したページが
http://sample.mail-high.com/sample.html
にアップロードされているものとして、説明を致します。

外部フォームを表示するページ(Shift-JIS以外の文字コード作成されているページ)に、<iframe>タグを使って、Shif-JIS形式で作成したページを読み込みます。

● iframeの設定内容

Shift-JIS 形式で作成したページをを表示したい箇所に、以下のように<iframe>タグを記載します。

<iframe src="http://sample.mail-high.com/sample.html"></iframe>

Shift-JISで作成したページを読み込む範囲等の指定には、以下のような設定が可能です。
  • height :読み出し範囲の高さをピクセルまたはパーセンテージで指定
  • width :読み出し範囲の横幅をピクセルまたはパーセンテージで指定
  • hspace :読み出し範囲の周りの横方向の余白をピクセル単位で指定
  • vspace :読み出し範囲の周りの縦方向の余白をピクセル単位で指定

これらの設定は以下のように使用します。
<iframe src="http://sample.mail-high.com/sample.html" height=300 width=500></iframe>
iframeタグの設定


以上のように、<iframe>タグを使用することで、 Shift-JIS 形式以外のページに、外部フォームを設置する際に、文字化けを回避することができます。

この方法を利用することで、メールアドレス登録フォームなど、外部フォームを表示するページの文字コードが、Shift-JIS以外の場合でも外部フォーム機能をご利用いただけます。必ず、Mail-High外部フォーム機能のタグを設置するページは、Shift-JIS 形式で作成する必要があります。

本ページでご紹介する内容のご利用につきましては、全て利用者のご責任によって行うこととし、ご紹介した内容を利用したことで生じた損害等につきましては、コクヨECプラットフォームでは一切その責任を負わないものとします。
また、本ページでご紹介する内容につきましては、全ての環境で正常に動作することを確認するものではありません。利用者の環境に応じて、適宜調整を行いご利用下さい。
このページの一番最初へ戻る